認知症の人が有料老人ホームを選ぶ時のポイント、の続き

画像の説明

特養や、他の介護施設と有料老人ホームの差は?

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホームなどの介護施設と有料老人ホームの違いは何でしょうか。一昔前までは老人ホームは養老院と呼ばれていました。高齢者のなかには今でも養老院という名前を使う人もいます。

養老院は家庭の事情や経済的理由により生活ができなくなった高齢者を入所させ、国の責任で養護する施設です。養老院としての特質を残している老人ホームに「養護老人ホーム」があります。
「特別」養護老人ホームとたいへん紛らわしい名前をしていますが、これは介護施設ではなく、上記のような「家庭の事情や経済的理由により生活に支障のある」高齢者を入所させ、生活の便宜をはかることを目的とした生活施設です。

この養護老人ホームは入所者と施設の直接契約によらない特殊な方式をとります。行政がその権限で入所を決める「行政措置」の施設です。入所者は所得に応じて利用料負担がありますが、主に税金で運営される公的施設です。

介護保険施設は利用料金の減免制度がある

特養、老健などの介護保険施設も養護老人ホームほどではないですが公的性格を持っています。それが利用料金の減免制度の考え方にでます。有料老人ホームはあくまで営利を目的とした事業ですが、特養や老健を運営できる社会福祉法人、医療法人は社会的事業としての非営利性が求められます。

つまり低所得者も利用できる必要があるのです。そこで、所得によって食費、居室費が安くなる減免制度が利用できます。介護サービス費については、有料老人ホームも介護保険を利用できますが、減免制度が使えるかどうかという、この点が決定的に違います。そのため、低所得の人でも入居できるのです。

認知症高齢者が有料老人ホームを選ぶ際のポイントは?

選ぶ際のポイントはいくつかあります。1つ目はホームの種類です。第一優先にすべきは「介護付」です。「健康型」は論外。「住宅型」は条件つきで選択肢に入る、という感じです。

条件は、常時の介護が行えるかどうかです。認知症の人には見守りがいります。普通の訪問介護サービスだと時間が決まっているので、細かい対応ができません。「住宅型」でも経営者の考え方によって、自前の介護職員を常時動けるようにしているところもあります。

2つ目は職員の離職率です。これは年間の離職率を聞いてみればわかります。職場の雰囲気がよく、職員がやりがいをもって働いているホームでは離職率はとうぜん低くなります。2割以上辞めている施設は何かしらの問題を抱えているケースが多いと思います。

3つ目は入居者と施設の相性です。場の雰囲気に左右されやすいのが認知症をもった高齢者です。よい雰囲気のもとで暮らせるか。こればかりは実際に入居してしばらく過ごしてみないとなかなか分からないものです。といっても入居してからでは遅いので、できれば施設選定のときに感じ取れるようにしたいもの。これはもう自分の「直感」を信じるしかありません。職員が入居者に対する時の状況をみて感覚でつかむしかない、というしかないのです。

画像の説明

これから有料老人ホームに入居を検討される方へ

老人ホームと一言にいっても、それぞれに特徴があります。また複雑な制度にのっとっているので、すべてを把握するのは専門職にも難しい面があります。しかし、まったく白紙の状態で老人ホームを選択することもできません。それぞれの老人ホームの種類の違いについて最低限のことは把握しておく必要があります。

老人ホームは制度上の違いもありますが、個々にまったく違う個性を持っています。経営者の理念や介護スタッフの違いなどで個性が生まれ、とうぜん自分に合う、合わないという相性の問題が発生します。一度入ってしまうとそう簡単に転居できるものではありませんから、できれば一度体験入居などをしておいたほうがいいと思います。

月々に払える費用には上限があります。まずいくら払えるか、から老人ホーム探しを行う方が多いと思います。ホームの利用料の他にも、医療費や税金など、その他いろいろな出費にそなえる必要があり、ホームの利用料は余裕をみておくべきでしょう。

しかし老人ホーム一度入居すれば24時間、365日そこで生活することになります。晩年を過ごすところですから、居心地のよい施設(良い設備、綺麗な建物)に入りたいものです。ここに葛藤がおきがちですが、必ずしも入居金が高いところや、月々の利用料が高い施設が優れた認知症ケアをしているとは限りません。
入居の決断を下す方は、情報収集をしっかりして、後悔のない選択ができるようにしてください。

コメント


認証コード2151

コメントは管理者の承認後に表示されます。