介護のプロが最適の老人ホームをご紹介

CSラボは入居してからも万全のフォロー体制

画像の説明

CS Labは一般の有料老人ホーム紹介センターとは違います。
有料老人ホームにかぎらず、介護保険施設(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設)がご本人・ご家族に適していると判断すれば、そちらをご紹介します。介護施設の種類問わず、相談者の自己負担はいっさいありません。
またご入居後も、社会福祉士・介護支援専門員の資格をもったスタッフがご入居者の生活が安定されるまでしっかり相談支援を行います。




老人ホーム入居中の方

施設のケアを改善したければご相談を

名称未設定

施設のケアの中身は家族には見えません。家族は施設に「言われるがまま」、入居者本人は「されるがまま」の状態に陥りやすいのが施設介護です。人は本能的に「老病死」を観たくない、聞きたくない、話題にしたくないもの。だからそれを肩代わりしてくれる介護施設に負い目を感じ、改善要求が出せないのです。

CS Labでは施設ケアのセカンドオピニオン、アドボケーター(代弁者)を引き受けています。施設が適切なケアマネジメントを行っているか、家族はどう関わればよいかなど、ご家族の視点で支援を行います。




任意後見で転ばぬ先の杖

信頼できる自分のうちに、信頼できる人を選ぶ

画像の説明

自分の最晩年の意思決定を託せる人はいますか?いたらすぐに任意後見契約について検討しましょう。任意後見は法定後見(判断力が落ちてから申し立てをし、裁判所が後見人を選任する制度)にくらべ、難しくありません。なぜなら、後見人に依頼する代理行為を自分の意思で自由に決められるからです。認知症が進んでから、見ず知らずの人に成年後見人になってもらうより、今のうちに人生の希望を叶えてくれる人を選任できる任意後見を考えてみましょう




年に一度は家族で過ごす

きっとうまくいための介護の知識と技術

画像の説明

施設に入っているからと言って、介護をお任せにする必要はありません。家族が身につけるべき介護施術はたった3つです。要介護者の足りない部分を手伝い、ベッドから車椅子に乗せ替える「移乗の介助」と「排泄の介助」。それに「認知症の一般的な知識」です。この3つをみにつければ、日帰り旅行や1泊程度の外出はまったく問題ありません。施設に入っていても外出は自由です。家族の手で自由な時間を過ごさせてあげませんか?




電話のバー


辺境としての介護 更新状況

a:11505 t:4 y:8